柄物シャツで冬コーデのマンネリを打開する

コーディネートのポイント

世のおしゃれさんたちが愛用する鉄板シャツといえば、もちろん白シャツがその筆頭です。

mote350.jpg

ですが、秋冬の重ね着が増える季節には、

白シャツや無地のシャツでのコーディネートにマンネリを感じることもあるかと思います。

そんな時には、柄物を1点加えてみると、その服装を見た相手だけでなく、着ている自分も新鮮な気持ちで1日を過ごすことができます。

柄物にするインナーとしては、カットソー・シャツ・ニットなどがありますが、比較的失敗の少ないアイテムはシャツではないでしょうか。

ニットやカーディガンをはじめ、コート類やジャケットと合わせるものの応用範囲は広く、色も同系色ならば、全体になじんだコーディネートに、系統の違う色ならば、シャツ以外のアイテムを同系統や単一色でまとめて差し色とすることで合わせることが可能です。

mote349.jpg

また、白シャツやシンプルなカットソーを使用したコーディネートのニュアンスを損なわずに”もう1点”シャツに変化を加えるならば、ウィンドウペンやギンガムチェックといったアイテムは、普段のコーディネートからシャツだけ差し替えても比較的すんなりと収まります。

よりカジュアルな雰囲気を出すならば、ネルシャツという選択肢もアリです。

mote348.jpg

ニットとの重ね着には使用できないですが、ダウンベストなどのカジュアル寄りのアウターとの相性もよく、思いっきりイメージを変えるという時にはもってこいのアイテムと言えます。

ただし、本来ネルシャツは比較的着こなすのが難しいデザインに入りますので、取り入れる際にはなるべく色数が少なく単純なパターンのものを選ばないと思わぬ失敗をしてしまうことを頭に入れておいてください。

もっとも、これら数ヶ所の注意点さえ守れば、これからの冬物アイテムの隠し味的な存在として、柄物シャツの存在は、思っていた以上に重宝するはずです。

参照アイテム:

mote321.jpg

≫ SPUTNICKS(スプートニクス)公式サイトへ

space.gif

人気記事 Dcollection(Dコレ)はダサい?スキニーを買って検証

人気記事 楽天マガジンを使ってみた!キャンペーンで1000ptも獲得