爽やかボーダーでコーディネート

モテ服 おすすめアイテム

女の子ウケの良い定番ファッションといえばボーダー柄のアイテムを使ったコーディネートも外せません。

しかし、一口にボーダー柄と言っても柄の太さや色の組み合わせなどで、雰囲気はポップなもの、シックなもの、マリンテイストやロックやパンクのテイストを感じさせるものまでそれぞれ。

mote448.jpg

バランスの良いコーディネートを目指すなら、全体の印象に合わせたボーダーのアイテムを選んでいきたいところです。

おすすめのボーダー柄アイテム

そんなボーダーのアイテムをこれから春に合わせて選んでいくならカーディガンやニットがおすすめ。

きれい目のシャツやカットソー、ポロシャツなどと組み合わせることで、ちょっと大人のコーデ雰囲気を持つーデに仕上がります。

ミリタリー系のアイテムと合わせてもイカツイ感じにならないのが良いですね。

ボーダー柄アイテムを使ったアレンジコーデ

薄手のジャケットのインナーにちょっと首元が高めのモックネックのニットを持ってくれば、キリッとさわやかな印象にもなります。

雰囲気を変えたいときは、ボトムのシルエットを変えるだけでOKです。

パンツの定番は、やはりテーパードシルエットのものですが、あえて、ちょっと太めのストレートパンツやチノパン、リジッドデニムも、野暮ったさがむしろおしゃれに見えるのでおすすめです。

暖かくなってきたらアンクル丈のパンツで足元を軽く仕上げれば、好感度アップも期待できますね。

この時に、ソックスをボーダーで揃えたくなるかもしれませんが、きっちり揃えてしまうと、狙った感が出てしまい、逆効果なので、シンプルに白・黒・ネイビー等の無地で合わせてあげましょう。

mote449.jpg

また、ネイビーのボーダーならば、さりげなくマリンルックを取り入れることもできます。

足元にはデッキシューズを合わせれば、かなり良い雰囲気に仕上がります。

特に単色レザーのデッキシューズは、マリンルックではなくとも、普段のコーディネートのハズシアイテムとして活用できますので、定番+αの革靴を探している場合は、検討してみると良いでしょう。

ボーダー柄の種類

ちなみに、ボーダーがらの種類には、細ボーダー・太ボーダー・パネルボーダー・マルチボーダーといった種類があります。

細ボーダーと太ボーダーは、それぞれ横縞の太さで分けられます。

汎用性の高いデザインは細ボーダーの方で、ニットだけではなく、カットソーでも定番のデザインとなっています。

一方で、太ボーダーは、マリンルックに存在感を与えたい時などに、重宝するデザインとなります。

パネルボーダーは、ボーダー柄を中心に、上下などに無地のところのあるデザインになっています。

全面ボーダーのものと比べると、スッキリとした印象が特徴で、普段はボーダー柄はあまり着ないという方には、最初の1枚としておすすめのデザインです。

マルチボーダーは、太さや色の異なる様々な横縞が混在しているデザインのものを指します。

同系色のマルチボーダーならば、多少は印象も落ち着きますが、カラフルなパターンの場合は、トップスなどで使用すると、派手過ぎることがあります。

こういった多色使いのカラフルなマルチボーダーは、マフラーなどの小物に取り入れると、全体のバランスが取りやすいです。

人気記事 Dcollection(Dコレ)はダサい?スキニーを買って検証

人気記事 楽天マガジンを使ってみた!キャンペーンで1000ptも獲得