春のキレイめミリタリー

モテ服 おすすめアイテム

春に活躍するアイテムは”キレイめミリタリー”!

春が目前となると、新学期や新生活の準備に追われる方も多いかと思います。

mote351.jpg

そんな時期なので当然、新しい出会いの機会も増えるわけですが、第1印象の重要性を甘く見ていませんか?

春は第一印象を改善して、新しい出会いを生かす

第1印象は、その人物のイメージを決定するうえでかなりの比重を占めています。

つまり第1印象で良いイメージを持ってもらうことは、その後の相手との関係をより親密なものにする上での大きな武器となるのです。

キレイめミリタリーを使ったコーディネートで印象UP

そんな初対面という機会の増える春、特に春に活用したいメンズアイテムが”キレイめミリタリー”です。

オーソドックスなコーディネートも、1点ミリタリーアイテムを加えることでグッと男らしさ、男の色気がアップします。

街着で愛用されるミリタリーファッションの種類

ちなみにミリタリー系で人気の物には、以下のようなアイテムが挙げられます。

人気のあるミリタリーアイテム【メンズ】

  • M-65/ジャケット
  • N-3B/ジャケット
  • MA-1/ジャケット
  • モッズコート(M-51)/ジャケット
  • N-1/ジャケット
  • カーゴパンツ(M-65)
  • ミリタリーシャツ

どれも今や、街着として多くの人が着用しているものばかりですが、その時々のトレンドによって、注目されるアイテムは様々です。

古着などでも数多く扱われているM-65や、モッズコート、カーゴパンツは、すでに愛用している方も多いかもしれません。

ミリタリーシャツなんかも、ワッペン等の付いていないシンプルなデザインだと、黒スキニーにオーバーサイズであっさりと合わせたり、意外と使えるアイテムだったりします。

これらの古着屋なんかに置いてある、古着やデッドストックの他にも、国内外の多くのブランドが、数多くのデザインやアレンジでミリタリーアイテムを出してします。

ハイブランドでも、様々なアイテムが作られているので、興味があれば、公式のネットストアなんかを覗いてみると、新たな発見があるかもしれません。

そんなミリタリーアイテムのなかでも、特に人気のモッズコートは定番のアイテムとしてもぜひ持っておきたい一品。

春に爽やかに着こなすならば、ショート丈もおすすめです。

そんなミリタリーアイテムを利用した、キレイめなスタイリングを目指すならばSPUTNICKS(スプートニクス)のモッズコートがピッタリです!

mote352.jpg

カラーバリエーションも豊富なのでモノトーン系やマリンルック、アメカジMIXと目指すテイストに合わせて選ぶことができます。

モッズコートについて

尚、モッズコートとは

M-51「モッズコート」として知られている軍用パーカは、狭義には1950年代に採用された米国地上軍の極寒防寒衣料の51年型モデルを指す。朝鮮戦争でも着用された。

出典元 : ウィキペディア(Wikipedia)「M51 (モッズコート)」

以上のようなミリタリーコートのことを言います。

丈の長いコートに、フードと燕尾状のフィッシュテールと呼ばれる裾が付いているのが特徴となっています。

踊る大捜査線で、織田裕二さんが演じた青島刑事がスーツの上に羽織っていたり、SEIKAI NO OWARIが「ドラゴンナイト」のMVでヴォーカルのFukaseさんが着用していたことでも知られています。

お二人とも、非常に印象に残るファッションだったこともあり、それぞれ「青島コート」や「セカオワコート」という俗称を生み出すほどに注目され、人気アイテムとなりました。

特に「スーツにミリタリージャケット」という組み合わせの青島刑事は、そのファッションにもかなり注目が集まっていたことを覚えています。

意外かと思われるかもしれませんが、単純にファッションの評価としても、ミリタリー系のアイテムは、きれい目のコーデとの相性が非常に良いのです。

これは、スーツとモッズコートという組み合わせが、踊る大捜査線が元祖ではないという点からも、説明する事ができます。

この説明をするためには、まず、モッズコートの名前の由来にまで話をさかのぼる必要があります。

モッズコートの名前の由来

モッズコートの「モッズ」とは、1950年代後半から1960年代なかばに掛けて、イギリスのロンドン近辺に住む、音楽とファッションを好む若者たちを指すときの総称のことを言います。

英語表記ではModsとなります。

音楽的にはブラックミュージックやR&Bといったジャンルを好み、スーツにM-51(モッズコート)を合わせたファッションにベスパ(スクーター)がアイコンでした。

このようにモッズが、好んで着ていたコートということで「モッズコート」(海外ではモッズパーカと呼ばれることが多い)という名前が付けられたそうです。

ちなみに、モッズが、M-51をスーツに合わせて着ていたのは、スクーターに乗る際に、スーツが汚れないためだったそうです。

スーツを汚さないという目的があったにせよ、当時のおしゃれの先端を走っていた若者は、ミリタリージャケットをスーツに合わせるという点で、抜群のセンスを発揮したと言えます。

だからこそ、そのファッションはモッズの象徴となり、多くの若者から憧れられたのでしょう。

さらに、ミリタリーコートとスーツなどのフォーマルウェアーという範疇で見ると、その組み合わせは、かなり歴史のあるものということが言えます。

コートの代表的なデザインである、トレンチコートも元はミリタリーコートというのは、有名な話です。

このトレンチコートは、ラグジュアリーブランドによって、スーツやフォーマルに合わせる提案がされて、非常に人気となりました。

このように、モッズコートをはじめとした、ミリタリーアイテムとキレイめなアイテムの組み合わせは、相性が良く、古くから多くの人々により利用されています。

実際にバランスという意味でも、スッキリとシンプルなキレイめアイテムと武骨で実用的な装飾が施されているミリタリーアイテムは、互いを補完しあえる関係となっています。

モッズコートを使用したおすすめコーデ

ここまで説明した通り、ミリタリージャケットであるモッズコートは、キレイめのアイテムとの相性が非常に良いです。

具体的なアイテムとしては

  • シャツ
  • ニット
  • スラックス

といった物が定番となります。

また、ガチガチにタイドアップしたスーツではなく、カットソーを合わせたセットアップコーデに、モッズコートを羽織るくらいが、今っぽい印象に仕上げることができます。

mote436.jpg

「シンプルにスマートに」という場合には、白シャツと黒のスキニーというモノトーンにカーキのモッズコートで合わせれば、スタイリッシュに着こなせます。

なにしろモッズコート以外をキレイめのアイテムで揃えるだけで、形にはなるので、ある意味、非常に便利なコートと言えるでしょう。

春先のまだ風が冷たいく、セットアップだけだと、ちょっと肌寒いという時にも、サッと合わせておしゃれに決まるのも、ありがたいです。

モッズコートを使いこなして、第1印象の好感度UP&春の出会いを制してみてください。

参照アイテム:

モッズコート メンズ ショート丈 ツイル素材ミリタリーコート アウター

ツイル ストレッチ モッズ ミリタリー ジャケット

SOYOUS ソユーズ メンズ コート モッズコート

人気記事 Dcollection(Dコレ)はダサい?スキニーを買って検証

人気記事 楽天マガジンを使ってみた!キャンペーンで1000ptも獲得