シンプルなレイヤードで遊ぶ!春のアウター使い

コーディネートのポイント

春も中旬を迎えるころには、気温も上昇し、アウターもよりライトなものが合わせやすくなってきます。

定番のテーラードジャケットやステンカラーコートもシンプルなカットソーに合わせることで、軽い羽織りものとして機能してくれます。

より簡単に、着回しもしやすい状況を作ってしまうならば、アウター以外をモノトーン(白・黒・グレー)でコーディネートしてしまう方法がおすすめです。

これだけで「モノトーン+1色」という組み合わせになり、非常に安定感のあるバランスに仕上がります。

春先のテーラードジャケットコーデ

アウターの色は、テーラードジャケットならば、ネイビーが扱いやすく、見た目の印象も、清潔感がグッと上がります。

特に春先は、やや明るめのネイビーを選べば、より季節感のある雰囲気を出すことができます。

mote451.jpg

春先の薄手のコートを使用したコーデ

また、春先に使うステンカラーコートは、ベージュを選ぶと軽い印象となります。

ネイビーやブラックのコートも悪くはないのですが、テーラードジャケット等と比べると、目に入る面積が広いため、やや印象が暗くなる傾向があります。

それなので、ベージュにすることで、明るく、軽い印象を色で加えてあげる方が、季節感に合った感じに仕上げることができるのです。

mote452.jpg

色の組み合わせと、その効果

ちなみに、それぞれの色の効果を挙げると、

ネイビーは、落ち着きがあり、控えめな印象で、引き締め効果の期待できる色となります。

ベージュは、軽いイメージを作り、暖かさを感じさせます。

一方で、ベージュは膨張色でもあるので、体型によっては注意が必要でもあります。

mote453.jpg

次に、アウター以外のアイテムですが、トップスは基本的には白無地のカットソーでOKです。

この時のカットソーは、インナー使いであるので、シルエットやサイジングにやや注意が必要です。

特に近年は、ビッグシルエットやオーバーサイズのカットソーやTシャツの比率がかなり増えているので、安易にジャケットやコートに合わせるとチグハグになることがあります。

ジャケットやコートもビッグシルエットで揃える場合は、問題ないですが、細身のシルエットや普通(レギュラーシルエット)の場合は、インナーにも普通のもの、レギュラーシルエットを使うようにしましょう。

また、ネイビーのテーラードジャケットにネイビーのパンツを合わせる場合は、色調が微妙にずれることのないように、セットアップで上下を揃えてしまう方が安全です。

この時も、テーラードジャケットで既にネイビーを持っている場合は、セットアップは少し色の明るさを変えてあげると、用途に合わせて使い分けができます。

具体的には、日中のお出かけやデートの場合は、明るめのネイビーを使用し、夜には濃いめのネイビーを合わせると、それぞれの色をより魅力的に利用することができます。

これは、昔のフォーマルファッションの名残りで、かつてのヨーロッパでは、夜会用にはミッドナイトブルーなどの黒に近いほど濃い色のネイビーを使用したファーマルウェア(タキシード)を使用していたそうです。

ミッドナイトブルーは、その名の通り、夜に映える青色で、かつて照明で使われていたライムライトやろうそくの光の下で、黒よりも深みのある黒色に見えることから、タキシードなどで多く用いられてきました。

このような濃いめのネイビーは、その色の濃さ故、見た目の引き締め効果も期待できます。

色の効果も上手に利用して、春のシンプルレイヤードを楽しみましょう。

人気記事 Dcollection(Dコレ)はダサい?スキニーを買って検証

人気記事 楽天マガジンを使ってみた!キャンペーンで1000ptも獲得