系統別に構築するコーディネート

コーディネートのポイント

おしゃれなコーディネートを着こなしたいという理由はやはり女の子にモテるため、もしくは女の子ウケをよくしたいということですか?

「純粋におしゃれを楽しみたい」という場合もあるとは思いますが、対異性を考えると、見た目やファッションは意識せざるを得ないというのが現実かと思います。

特に気になる女の子には、どんなファッションが好みなのか聞いたりすることもあるかもしれません。

ですが、「キレイめ系」とか「さわやか系」が好きと言われても、どんなものなのか具体的に出てこなかったりしませんか?

mote456.jpg

そんな時に参考にしたいのが、Dcollectionが発信しているファッションノウハウの記事です。

その名もズバリ【コーデまとめ】デート服に迷ったら彼女の系統を意識しようという記事となっています。

系統別にコーディネートを組む方法

記事のなかでは、女性のファッションの系統を3つに分けて、系統別に合わせやすいコーディネートを提案しています。

各アイテムの選び方や、組み合わせ方法をかなり具体的に提示してくれているので、そのままマネするだけで、女性に合わせた無難なコーデが完成します。

使用するアイテムも、ベーシックなものばかりなので、手持ちのアイテムと着回しすることも比較的容易なので、コストパフォーマンスも高いです。

はじめは、記事を参考に無難なコーディネートにまとめつつ、女性のファッションの好みをリサーチして次回に備えるというのが正攻法と言えるでしょう。

具体的には「大人っぽい(落ち着いたイメージ)」と「可愛らしい(ふんわりとしたイメージ)」と「カジュアル(親しみやすいイメージ)」といった雰囲気ごとに、それぞれのイメージに合わせたコーデを組んでいきます。

相手女性のファッションの好みを判断する方法

また、女性の雰囲気を判断する際には、

  • パンツルックが多いか、スカートが多いか
  • シルエットの好みは、ゆるめか?タイトか?
  • 色は暖色?寒色?色合いは濃い?淡い?

といった部分に、普段から注意して見ていると、わかりやすいです。

全てを完璧に揃えてあげる必要はありませんが、色の雰囲気だけでも相手の女性が良く着ているものに合わせるようにすると、心理学で言う「ミラーリング効果」も期待できます。

ミラーリング効果を活用する

ミラーリングというのは、

仲の良さそうなカップルや友達同士が、同じような行動をしている場面に遭遇することがあります。カフェで、一人がコーヒーを飲むと、もう一人も飲み物を飲み出す、といった場面です。

これは、「ミラーリング」といって、好意を持っている相手の表情や動作などを無意識に真似てしまう現象のことです。お互いのコミュニケーションがうまく進んでいる時には、ミラーリングが特に活発になることがわかっています。

出典元 : All About~ミラーリング効果とは?好かれる人はやっている心理テクニック~

以上のような現象を指します。

mote457.jpg

簡単な応用法をあげると、相手の話すテンポや声の大きさに合わせて話すようにすると、親近感が増すそうです。

ファッション偏差値をステップアップさせてゆく順序

今回の記事は、冬のコーディネートを想定していますが、他の記事では春夏秋とそれぞれの季節に合わせた着こなし方も紹介しているので、目指すテイストを念頭に置きつつ、コーディネートを探してみると良いでしょう。

いつも、どういった感じでコーディネートを決めたり、服を選んで良いのかわからないという方は、こういった記事を読んで、実際に試してみると、徐々に自分で考えて選べるようになっていきます。

その人その人のタイプで、服装のセンスは感覚で身につける人や、論理的に身につけていく方など、最適な方法はそれぞれです。

ただし、最初から抜群のファッションセンスを発揮できるという人は、恐らく一握りもいないことでしょう。

最初はほとんどの人が、センスの良いと言われる格好、相手が受ける印象が良くなるコーデを着こなせるか、手探り状態なものです。

幸い近年は、ファッション初心者の方でもある程度の着こなしが出来るようになるように、コーディネート単位で洋服を紹介するファッションサイトも増えてきています。

最終的に目指すところは、自分のセンスを磨いて、オリジナリティのあるおしゃれを楽しむということであっても、はじめは無難なコーデをマネするところから入った方が、他人からの評価と自己満足度の整合性を高めながらレベルアップできるはずです。

他人のことなど関係ないという一部の人は別として、ファッションにはコミュニケーションツールという意味合いもあるのですから。

人気記事 Dcollection(Dコレ)はダサい?スキニーを買って検証

人気記事 楽天マガジンを使ってみた!キャンペーンで1000ptも獲得